太田 勝造   (1957-)

太田 勝造(おおた しょうぞう、1957年 - )は、日本の法学者。 東京大学教授。 新堂幸司の弟子。 [人物] 専攻の民事訴訟法のほか、法社会学、法と経済学なども研究している。 ADRや交渉学についても詳しい。 1976年、東京大学理科I類に入学後、法学・政治学に興味をもち始め、三年生から法学部に転部。 なお、理科から法学部に進学を許可されたのは毎年5名内外の成績抜群のものに限られたうえ、その後2年間で法学部を修了するのは非常に困難であった。 半年ほど、講義に出ず法学方法論や法哲学、法社会学等の専門書を読む(ジェローム・フランク『裁かれる裁判所』、カール・レンナー『私法制度の社会的機能』、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタ ショウゾウ
人物別名 太田勝造
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
法と社会研究 太田勝造, 佐藤岩夫, 飯田高責任編集 信山社
2022.5
人工知能と法律 佐藤健, 新田克己編著 ; 西貝吉晃 [ほか] 共著 近代科学社
2022.12
法実務と認知脳科学 : 交渉・説得・弁論 ダニエル・E・ホロウェイ著 ; 路川貴大 [ほか] 共訳 木鐸社
2021.9
法と社会研究 太田勝造, 佐藤岩夫, 飯田高責任編集 信山社
2021.9
AI時代の法学入門 : 学際的アプローチ 太田勝造編著 ; 笠原毅彦 [ほか] 著 弘文堂
2020.7
法と社会研究 太田勝造, 佐藤岩夫責任編集 信山社
2020.3
消費者契約の法と行動経済学 オレン・バー=ギル 著 ; 太田勝造 監訳 ; 太田勝造, 谷みどり, 新堂明子, 沖野眞已 共訳 木鐸社
2017.1
法と社会研究 太田 勝造;佐藤 岩夫【責任編集】 信山社
2017.12.15
法と社会研究 太田 勝造;佐藤 岩夫【責任編集】 信山社
2016.12.15
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想