福井 康順   (1898-1991)

福井 康順(ふくい こうじゅん、1898年4月27日 - 1991年1月21日)は、日本の仏教学者、中国学者。 元大正大学学長、早稲田大学名誉教授。 天台宗の僧籍を持ち、日光山輪王寺内にある唯心院の住職を経て、妙法院の門跡となる。 津田左右吉の弟子であり、津田とともに早稲田大学東洋哲学研究室の発展に力を注いだ第一人者である。 また、道教の学術的研究の必要性を早くから訴え、日本におけるその基礎を整えるにあたって先駆的役割を果たした。 実子の福井文雅、福井重雅も東洋学者。 弟子に野末陳平がいる。 [略歴] 明治31年(1898年)、長野県に生まれる。 父は町役場に勤める公務員。 母は寺院の生まれ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクイ コウジュン
人物別名 福井康順
生年 1898年
没年 1991年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福井康順著作集 福井康順著 法蔵館
1990.10
日本天台の諸研究 福井康順著 法蔵館
1990.10
福井康順著作集 福井康順著 法蔵館
1988.5
福井康順著作集 - 法蔵館
1988.12
福井康順著作集 福井康順著 法蔵館
1987.4
福井康順著作集 福井康順著 法蔵館
1987.6
福井康順著作集 福井康順著 法蔵館
1987.11
福井康順著作集 - 法蔵館
1987.4-1990.10
日本仏教宗史論集 田村圓澄, 川岸宏教編 吉川弘文館
1985.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想