小林 勝   (1927-1971)

小林勝(こばやし まさる、1927年11月7日-1971年3月25日)は、日本の作家である。 代表作に『断層地帯』、『チョッパリ』などがある。 早稲田大学露文科中退。 [来歴] 日本支配下の朝鮮慶尚南道の晋州に生まれた。 父は植民地朝鮮で農林学校の生物教師をしていた。 小林は植民者の息子として朝鮮で育ち、1944年大邱中学校4年修了時点で、陸軍予科士官学校に入学した。 そして翌年3月には特攻要員として陸軍航空士官学校に入学。 敗戦によって復員した小林は、1948年に日本共産党に入党し、50年代の日本共産党が分裂抗争した時期には、徳田球一率いるいわゆる所感派に属して「火炎瓶闘争」に加わって逮捕...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ マサル
人物別名 小林勝
生年 1927年
没年 1971年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ロビンソン・クルーソー ダニエル・デフォー 作 ; 芝田勝茂 編訳 ; 小玉 絵 学研プラス
2015.10
彼岸過迄 夏目漱石 著 集英社
2014.2
こころ 夏目漱石 著 海王社
2014.7
刑務所 小林勝 著 三人社
2014.12
ルポルタージュとは何か? 安部公房, 小林勝, キッシュ, ブブリーク [著] 三人社
2014.12
阿部一族 森鷗外 著 北九州森鴎外記念会
2013.2
長塚節 著 新潮社
2013.9
草枕 夏目漱石 著 小学館
2011.7
ロビンソン・クルーソー デフォー 著 ; 武田将明 訳 河出書房新社
2011.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想