福田 蓼汀   (1905-1988)

福田 蓼汀(ふくだ りょうてい、1905年(明治38年)9月10日 - 1988年(昭和61年)1月18日)は日本の俳人、登山家。 本名は福田幹雄(みきお)。 [略歴] 山口県萩町(現在の萩市)生まれ。 父は陸軍中将の福田彦助。 東北帝国大学法文学部法科在学中に学友の勧めで高浜虚子門に入った。 また、山口青邨の「夏草」にも所属し、1940年には「ホトトギス」同人、虚子が指導する「九羊会」の一員となった。 この時に川端茅舎、松本たかし、中村草田男らと交流を深める。 1948年には自ら「山火」を創刊してその主宰となるほか、橋本鷄二の「年輪」、野見山朱鳥の「菜殻火」、波多野爽波の「青」と共同で四誌...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フクダ リョウテイ
人物別名 福田蓼汀
生年 1905年
没年 1988年
職業・経歴等 登山家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福田蓼汀集 福田蓼汀著 俳人協会
1990.5
神の山仏の山 : 句集 福田蓼汀著 角川書店
1989.4
銀箭金壺 福田蓼汀著 白凰社
1979.8
黒部の何処に 福田蓼汀 著 スキージャーナル
1977.4
福田蓼汀集 - 俳人協会
1977.9
霰 : 句集 福田蓼汀 著 牧羊社
1976.3
四季讃歌 : 福田蓼汀エッセイ集 福田蓼汀 著 牧羊社
1975
黒部幻影 福田蓼汀 著 スキージャーナル
1971
秋風挽歌 : 句集 福田蓼汀 著 角川書店
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想