長井 勝一   (1921-1996)

長井 勝一(ながい かついち、1921年4月14日 - 1996年1月5日)は、日本の編集者、実業家である。 出版社、青林堂の創業者であり、漫画雑誌 『月刊漫画ガロ』の初代編集長。 白土三平や水木しげるといった有名作家から、つげ義春や花輪和一といった異才までを輩出していった名物編集長として知られている。 [人物] 1921年(大正10年)、宮城県塩竈市生まれ。 1926年に東京・南千住に転居し、1939年(昭和14年)に早稲田工手学校(現早稲田大学芸術学校)採鉱冶金部を卒業した。 学校卒業後は満州に渡り、満州鉱山や満州航空に勤務した。 終戦直前の1945年(昭和20年)に内地へ戻り、終戦後は...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガイ カツイチ
人物別名 長井勝一
生年 1921年
没年 1996年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文化とは何だろうか 鶴見俊輔 著 晶文社
1996.5
「ガロ」編集長 : 私の戦後マンガ出版史 長井勝一 著 筑摩書房
1987.9
「ガロ」編集長 : 私の戦後マンガ出版史 長井勝一 著 筑摩書房
1982.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想