間宮 陽介   (1948-)

間宮 陽介(まみや ようすけ、1948年(昭和23年) - )は日本の経済学者。 京都大学大学院人間・環境学研究科教授。 専攻は社会経済学、経済理論、経済思想。 近年は都市論や公共空間論に関する著作も発表している。 [経歴] 長崎県長崎市出身。 東京大学経済学部卒業後、同大学院経済学研究科を経て、神奈川大学経済学部助教授・同教授、1993年より京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、のち同教授。 経済学者であると同時に、市場経済一辺倒の傾向を批判し、経済活動に「倫理」と「公共性」を求める思想家としての一面ももつ。 これら「倫理」「公共性」を失った市場原理至上主義ないし新自由主義の支配する世界...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マミヤ ヨウスケ
人物別名 間宮陽介
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
政治・経済 間宮陽介 [ほか] 著 東京書籍
2018.2
現代社会 間宮陽介 [ほか] 著 東京書籍
2017.2
岩波講座政治哲学 [小野紀明, 川崎修] [編集代表] 岩波書店
2014.2
政治・経済 間宮陽介 [ほか] 著 東京書籍
2014.2
モラル・サイエンスとしての経済学 間宮陽介 著 ミネルヴァ書房
2014.8
日本経済 間宮陽介, 堀内行蔵, 内山勝久 編 東京大学出版会
2014.9
丸山眞男を読む 間宮陽介 著 岩波書店
2014.10
コモンズと公共空間 = Commons & Public space : 都市と農漁村の再生にむけて 間宮陽介, 廣川祐司 編 昭和堂
2013.3
現代社会 間宮陽介 [ほか] 著 東京書籍
2013.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想