山崎 正勝   (1944-)

山崎 正勝(やまざき まさかつ、1944年10月 - )は日本の科学者、物理学者、科学史家、理学博士。 東京工業大学名誉教授。 専門は科学史、科学社会学、物理学史。 [経歴] 1944年10月に静岡県で技術者の父のもとで生まれる。 1963年に東京都立大学附属高等学校を卒業後、東京工業大学理工学部物理学科へ入学する。 1967年に同大学大学院理工学研究科物理学専攻修士課程へ進学。 1972年に博士課程を修了し、論文『多重散乱展開とGlauber近似』で理学博士(東京工業大学)を取得した。 同年に東京工業大学理学部教務補佐員、1973年に同大学理学部物理学科教務職員を経て、1976年に三重大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマザキ マサカツ
人物別名 山崎正勝
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「軍学共同」と安倍政権 多羅尾光徳, 池内了, 山崎正勝, 西山勝夫, 河村豊, 土井誠, 竹内真 著 新日本出版社
2017.6
核時代を生きた科学者西脇安 : 東京工業大学博物館特別企画展示 中尾麻伊香 [ほか] 編集執筆 東京工業大学博物館
2014.10
日本の核開発 : 1939~1955 : 原爆から原子力へ 山崎正勝 著 績文堂
2011.12
学校で習った「理科」をおもしろく読む本 : 最新のテクノロジーもシンプルな原理から 山崎正勝, 小林学 編著 JIPMソリューション
2010.10
"戦争と科学"の諸相 : 原爆と科学者をめぐる2つのシンポジウムの記録 広島大学総合科学部 編 ; 市川浩, 山崎正勝 責任編集 丸善
2006.2
オットー・ハーン : 科学者の義務と責任とは K.ホフマン 著 ; 山崎正勝, 小長谷大介, 栗原岳史 訳 シュプリンガー・ジャパン
2006.9
原爆はこうして開発された 山崎正勝, 日野川静枝 編著 青木書店
1997.5
アインシュタイン スティーヴ・パーカー 著 ; 山崎正勝 訳 岩波書店
1995.9
高分子の統計的性質 : 分子量分布の変化について 斎藤修 著 中央大学出版部
1992.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想