内井 昭蔵   (1933-2002)

内井 昭蔵(うちい しょうぞう、1933年2月20日 - 2002年8月3日)は、東京都出身の日本の建築家。 博士(工学)。 第二次世界大戦後の日本建築史を代表する建築家の一人である 。 [経歴] 1933年、東京に生まれる。 祖父の河村伊蔵と父の内井進は建築家であり、進は金成ハリストス正教会と小田原ハリストス正教会の両聖堂、およびニコライ堂のイコノスタスの設計に関わった 。 幼少期から教会で過ごすことが多く、「ロシア正教会の持つ空間と祈りと形の関係が、幼少期にすでに強く印象づけられていたように思う」と述べ、こうした経験はモダニズム全盛期の学生時代を経た後に手がけた日蓮宗の寺院やYMCA野辺...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチイ ショウゾウ
人物別名 内井昭蔵
生年 1933年
没年 2002年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
内井昭蔵の思想と建築 : 自然の秩序を建築に 内井昭蔵 作 世田谷美術館
c2009
建築家内井昭蔵 : 1933-2002 『建築家内井昭蔵1933-2002』編集委員会, 内井乃生 編 新建築社
2008.8
モダニズム建築の軌跡 内井昭蔵, 仙田満 監修 INAX
2003.5
再び健康な建築 : 生活空間に倫理を求めて 内井昭蔵 著 彰国社
2003.8
装飾の復権 内井昭蔵 著 彰国社
2003.12
モダニズム建築の軌跡 内井昭蔵監修 INAX
2000-
モダニズム建築の軌跡 : 60年代のアヴァンギャルド 内井昭蔵 監修 INAX
2000.8
建築家のドローイング 内井昭蔵 著 駸々堂
1993.9
住宅の集合形態に関する実践的研究 内井昭蔵著 内井昭蔵
1992
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想