木村 博江   (1941-)

木村 博江(きむら ひろえ、1941年3月27日 - )は、日本の翻訳家。 国際基督教大学卒。 編集者を経て、はじめ音楽関係の翻訳をするが、のち動物もの、恋愛論などノンフィクションや推理小説に領域を広げる。 『なぜ美人ばかりが得をするのか』はベストセラーになった。 また、前野律名義でジャズ関係の本のほか、ロマンチックサスペンスものや、幼児教育関係の本の翻訳も手がけている。 [翻訳] 王様ルービンシュタイン 最後のロマン派 エリック・リープマン 東芝EMI音楽出版 1981.3 ショパン その実像 ジョージ・R.マレック&マリア・ゴードン=スミス 東京創元社 1981.12 ルービンシュタイン...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ ヒロエ
人物別名 木村博江
生年 1941年
没年 -
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
FIFA腐敗の全内幕 アンドリュー・ジェニングス 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2015.10
よく眠るための科学が教える10の秘密 リチャード・ワイズマン 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2015.11
錯覚の科学 クリストファー・チャブリス, ダニエル・シモンズ 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2014.8
ツタンカーメン死後の奇妙な物語 ジョー・マーチャント 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2014.9
ブルース、日本でワインをつくる ブルース・ガットラヴ 著 ; 木村博江 聞き書き 新潮社
新潮社図書編集室
2014.11
その科学があなたを変える リチャード・ワイズマン 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2013.10
ガーンジー島の読書会 メアリー・アン・シェイファー, アニー・バロウズ 著 ; 木村博江 訳 イースト・プレス
2013.11
ガーンジー島の読書会 メアリー・アン・シェイファー, アニー・バロウズ 著 ; 木村博江 訳 イースト・プレス
2013.11
なぜ、それを買わずにはいられないのか : ブランド仕掛け人の告白 マーティン・リンストローム 著 ; 木村博江 訳 文芸春秋
2012.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想