内海 愛子   (1941-)

内海 愛子(うつみ あいこ、1941年10月20日 - )は、日本の社会学者。 恵泉女学園大学名誉教授。 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長。 [略歴] 1941年(昭和16年)に東京府で生まれる。 1960年(昭和35年)に早稲田大学第一文学部へ入学し、一度は卒業して学校教員となるが、関東大震災における朝鮮人虐殺に関心を持ったことをきっかけに同学部社会学専修3年に学士入学する。 1967年(昭和42年)に同学部卒業後、引き続き大学院に進み博士課程まで在日韓国・朝鮮人差別を研究テーマとする。 大学院在学中から語学学習のため日本朝鮮研究所にも参加し、むくげの会を設立して1972年(昭...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウツミ アイコ
人物別名 内海愛子
生年 1941年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日韓の歴史問題をどう読み解くか : 徴用工・日本軍「慰安婦」・植民地支配 内海愛子 [ほか] 著 新日本出版社
2020.6
いま、朝鮮半島は何を問いかけるのか : 民衆の平和と市民の役割・責任 内海愛子 [ほか] 著 彩流社
2019.4
教科書に書かれなかった戦争 内海 愛子;加藤 陽子【著】 梨の木舎
2017.6
海境を越える人びと 村井吉敬, 内海愛子, 飯笹佐代子 編著 コモンズ
2016.4
朝鮮人BC級戦犯の記録 内海愛子 著 岩波書店
2015.7
軍事立国への野望 小森陽一, 山田朗, 俵義文, 石川康宏, 内海愛子 著 かもがわ
2015.8
岩波講座アジア・太平洋戦争 成田龍一, 吉田裕 編 岩波書店
2015.7
平和の人類学 小田博志, 関雄二 編 法律文化社
2014.3
戦後責任 内海愛子, 大沼保昭, 田中宏, 加藤陽子 著 岩波書店
2014.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想