杉橋 陽一   (1945-)

杉橋 陽一(すぎはし よういち、1945年5月13日 - )は、ドイツ文学者、俳句研究家。 東京生まれ。 東京都立西高等学校卒、1969年東大独文科卒、同大学院修士課程修了、1981年東大教養学部助教授、92年教授。 1985-1987年、西ドイツのボッフム大学で講師。 1992年『剥落する青空-細見綾子論』で俳人協会評論賞受賞。 2009年退職。 [著書] 『一角獣の変容』朝日出版社 1980 (エピステーメー叢書) 『剥落する青空 細見綾子論』白凰社 1991 『ユダヤ的想像力の行方 ベンヤミン・アドルノ論集』世界書院 1992 『夢と露の子ども 飯田龍太論』白鳳社 1996 『ニーチェ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スギハシ ヨウイチ
人物別名 杉橋陽一
生年 1945年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アドルノ文学ノート テオドール・W.アドルノ 著 ; 三光長治, 恒川隆男, 前田良三, 池田信雄, 杉橋陽一 共訳 みすず書房
2009.7
アドルノ文学ノート テオドール・W.アドルノ 著 ; 三光長治, 高木昌史, 圓子修平, 恒川隆男, 竹峰義和, 前田良三, 杉橋陽一 共訳 みすず書房
2009.9
芸術作品のインタラクティヴィティに関する総合的研究 : 鑑賞体験の構造変化をめぐる歴史的分析 研究代表者 杉橋陽一 杉橋陽一
2005.2
表象文化における潜在性と現実性に関する総合的研究 : ヴァーチャル・リアリティーとしての芸術表象の分析 研究代表者 小林康夫 小林康夫
2004.2
芸術のメディア的戦略に関する総合的研究 : 表象文化の歴史的機能分析 研究代表者 杉橋陽一 杉橋陽一
2003.2
表象 : 構造と出来事 小林 康夫;松浦 寿輝【編】 東京大学出版会
2000.2
ニーチェ 杉橋陽一 編著 筑摩書房
2000.6
ドイツオペラの知識 ヴルフ・コーノルト 著 ; 杉橋陽一, 亀井雄三 訳 シンフォニア
1999.12
現代ドイツ思想・芸術における神話概念の変容 : 神話への心理学的アプローチに関する総合的研究 研究代表者 杉橋陽一 杉橋陽一
1999.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想