堀江 帰一   (1876-1927)

堀江 帰一(ほりえ きいち、1876年4月27日 - 1927年12月9日)は、日本の経済学者・財政学者。 長らく慶應義塾大学理財科(のちの経済学部)を主導した。 東京都出身。 [人物] 幼稚舎より慶應義塾で学び、大学に入る前にはアダム・スミスの『国富論』を読了していたという。 1896年に大学部理財科卒業。 その後、三井銀行に入社。 時事新報社に移って経済関係の論説を執筆した。 その頃も読書量は同僚も驚嘆するほどで、福澤諭吉からも期待される人材となっていた。 大学教員養成を目指す慶應義塾は、1899年に神戸寅次郎・川合貞一・気賀勘重・青木徹二・名取和作・堀江帰一の6名を欧米へ派遣留学させる...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホリエ キイチ
人物別名 堀江帰一

堀江, 歸一
生年 1876年
没年 1927年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
第769巻〜第778巻 : 明治後期産業発達史資料 第14期鉱工業一班篇 [武富時敏著] 竜渓書舎
2007.3
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2005.12
政治ライブラリー叢書 堀江歸一著 日本図書センター
2004.5
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
1997.7
本邦通商條約論 堀江歸一著 竜渓書舎
1997.7
堀江帰一全集 - 改造社
昭和3-4
堀江帰一全集 - 改造社
昭和3-4
堀江帰一全集 - 改造社
昭和3-4
堀江帰一全集 - 改造社
昭和3-4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想