鉄眼道光   (1630-1682)

鉄眼道光(てつげん どうこう、寛永7年1月1日(1630年2月12日) - 天和2年3月20日(1682年4月27日))は、江戸時代前期の黄檗宗の禅僧。 諡号は宝蔵国師。 肥後国益城郡守山村(現・宇城市小川町)の生まれ。 最初、徹玄と号していた。 [生涯] 佐伯浄信という守山八幡宮の社僧を父として生まれる。 当初は、父の影響で浄土真宗を学んだ。 出家(13歳時)の師は、浄土真宗の海雲である。 が、本願寺宗徒では才徳がなくとも寺格の高下によって上座にあることを潔しとせず、1655年(明暦元年)隠元隆琦に参禅して禅宗に帰依し、隠元の弟子木庵性瑫の法を嗣いだ。 後、摂津国難波村に瑞龍寺を開建。 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ テツゲン ドウコウ
人物別名 Dōkō

Tetsugen

Tetsugen Dōkō

Tetsugen Zenji

鉄眼禅師

鉄眼

道光
生年 1630年
没年 1682年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鉄眼 : 仮字法語・化縁之疏 鉄眼 著 ; 源了円 著 講談社
1994.10
鉄眼和尚假名法語 [鉄眼道光著] ; 鈴木竜珠校閲 黄檗山寶藏院
1971.10
瑞龍鉄眼禅師假字法語 - 者不明
1962
鉄眼禅師仮字法語 : 附・遺文 赤松晋明 校訂 岩波書店
昭和16
仏説観無量寿経 疆良耶舎 訳 [ ]
[大正2]
仏説観無量寿経 疆良耶舎 訳 [ ]
[明13]
瑞龍鉄眼禅師假字法語 (ずいれうてつげんぜんじかなほうご) [鉄眼道光述] 八幡屋四郎兵衞
土田治助
村上勘兵衛
元治2 [1865] 識
續藏圣目録 - 俊廓
正徳6 [1716]
鐵眼禪師遺録, 2巻 道聰集 者不明
正徳4 [1714] 跋
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想