久重 忠夫   (1936-)

久重 忠夫(ひさしげ ただお、1936年 - )は、日本の哲学研究者、専修大学名誉教授。 フランス現代哲学が専門。 [来歴] 東京生まれ。 東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。 専修大学文学部助教授、教授、2003年退任、名誉教授。 [著書] Phénoménologie de la conscience de culpabilité : essai de pathologie éthique.専修大学出版局、1983 『罪悪感の現象学 「受苦の倫理学」序説』弘文堂 1988 『西欧地獄絵巡礼』彩流社 1996 『非対称の倫理』専修大学出版局 2002 『いびつな器 自分史』私家版 2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒサシゲ タダオ
人物別名 久重忠夫
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 哲学者
をも見よ 冬木, 久

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
受苦の倫理学入門 久重忠夫 編著 個人書店
2012.2
近代フランス倫理思想史稿 : リベルタンをめぐって 久重忠夫 著 久重忠夫
個人書店
2009.8
いびつな器 : 自分史 久重忠夫 著 久重忠夫
個人書店銀座店
2008.4
解釈の革新 ポール・リクール [著] ; 久米博, 清水誠, 久重忠夫 編訳 白水社
2005.6
非対称の倫理 久重忠夫 著 専修大学出版局
2002.12
西欧地獄絵巡礼 久重忠夫 著 彩流社
1996.4
罪悪感の現象学 : 「受苦の倫理学」序説 久重忠夫 著 弘文堂
1988.3
新・岩波講座哲学 大森荘蔵 ほか編 岩波書店
1986.7
人間この過ちやすきもの ポール・リクール [著] ; 久重忠夫 訳 以文社
1978.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
受苦の倫理学序説 久重 忠夫
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想