湯浅 修一   (1929-)

湯浅 修一(ゆあさ しゅういち、1929年 -? )は群馬県生まれの日本の医学者、精神科医。 専門は精神病理学。 医学博士(群馬大学・1963年)。 分裂病(現・統合失調症)の予後研究で知られる。 江熊要一、臺弘、中沢正夫らとともに生活臨床グループの創成期メンバー。 [略歴] 1929年群馬県生まれ。 1953年前橋医科大学(現・群馬大学)卒業。 1963年医学博士(群馬大学)。 赤城病院院長、群馬大学医学部講師、岸病院神経科医長、東京都精神医学総合研究所副参事研究員、東京大学医学部講師などを経て、榛名病院常勤顧問 。 [学会] 日本精神病理学会 [著書] 分裂病の精神病理1(土居健郎 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ユアサ シュウイチ
人物別名 湯浅修一
生年 1929年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
精神分裂病 [湯浅修一著] 群馬県精神保健センター
1992.1
異常心理学講座 土居健郎 ほか責任編集 みすず書房
1989.6
分裂病の精神病理と治療 湯浅修一 編 星和書店
1989.12
分裂病の精神病理と治療 吉松和哉編 星和書店
1988.12-
分裂病の精神病理 土居健郎 編 東京大学出版会
1987.12
分裂病の生活臨床 臺弘, 湯浅修一 編 「新樹会」創造
1987.11
分裂病の精神病理 高橋俊彦 編 東京大学出版会
1986.12
分裂病の精神病理 内沼幸雄 編 東京大学出版会
1985.12
分裂病の精神病理 飯田真 編 東京大学出版会
1984.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想