鳥居 清長   (1752-1815)

鳥居 清長(とりい きよなが、 宝暦2年〈1752年〉 - 文化12年5月21日〈1815年6月28日〉)とは、江戸時代の浮世絵師。 鳥居派四代目当主。 鳥居派の代表的な絵師。 鈴木春信と喜多川歌麿にはさまれた天明期を中心に活躍し、それらや後の写楽・北斎・広重と並び六大浮世絵師の一人。 特に堂々たる八頭身の美人画で、今日世界的に高く評価されている。 [来歴] 鳥居清満の門人。 江戸本材木町(現在の日本橋)の書肆白子屋関口市兵衛の子。 関氏。 俗称は市兵衛(一説に新助)。 屋号は白子屋。 住んでいた場所から「新場の清長」とも呼ばれた。 明和4年(1767年)に細判紅摺絵でデビュー。 19歳より...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トリイ キヨナガ
人物別名 鳥居清長

関, 清長
生年 1752年
没年 1815年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
浮世絵十人絵師展 中右瑛, 山本野理子執筆 ; 南由紀子編集 アートシステム
2017.9
鳥居清長1752-1815と山東京伝1761-1816 : 回向院に眠る二人の絵師 江戸文物研究所編 諸宗山無縁寺回向院
2017.6
人魚なめ 棚橋正博 監修 小学館
2014.6
Shunga Karuizawa New Art Museum 編 Karuizawa New Art Museum
2012.11
おもてなしの美 : 宴のしつらい : サントリー美術館所蔵品展 サントリー美術館 編 サントリー美術館
2010.1
鳥居清長 : 江戸のヴィーナス誕生 鳥居清長 画 ; 千葉市美術館 編 千葉市美術館
2007.4
鳥居清長作品総目録 千葉市美術館 編 千葉市美術館
2007.5
江戸戯作草紙 棚橋正博 校注・編 小学館
2000.5
六大浮世絵師名品展 : 鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重 鈴木春信 ほか画 ; 平木浮世絵財団平木浮世絵美術館 編 富山県水墨美術館
c2000
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想