吉福 伸逸   (1943-2013)

吉福 伸逸(よしふく しんいち、1943年 - 2013年)は、翻訳家、セラピスト。 岡山県倉敷市生まれ。 早稲田大学文学部西洋史学科中退後、バークレー音楽院で学び、ジャズベーシストとして活動。 1972年からカリフォルニア大学バークレー校でサンスクリット語、東洋思想を学ぶ。 帰国後、翻訳者となり、C+Fコミュニケーションズ、C+F研究所を創設。 スピリチュアル、ホーリズム、トランスパーソナル心理学などを紹介し人気を博す。 1989年からハワイ在住。 [著書] 『トランスパーソナルとは何か』 春秋社、1987年7月 『無意識の探険 トランスパーソナル心理学最前線』 ティビーエス・ブリタニ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシフク シンイチ
人物別名 吉福伸逸
生年 1943年
没年 2013年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界の中にありながら世界に属さない 吉福伸逸 著 さんが
2015.8
トランスパーソナルとは何か 吉福伸逸 著 新泉社
2005.1
楽園瞑想 宮迫千鶴, 吉福伸逸 著 雲母書房
2001.9
流体感覚 吉福伸逸 著 雲母書房
1999.4
クマのプーさんの「のんびり」タオ ベンジャミン・ホフ [著] ; E.H.シェパード 絵 ; 吉福伸逸, 松下みさを 訳 講談社
1998.7
アートマン・プロジェクト ケン・ウィルバー 著 ; 吉福伸逸, プラブッダ, 菅靖彦 訳 春秋社
1997.7
意識の臨界点 スタニスラフ・グロフ ほか著 雲母書房
1996.5
新ターニング・ポイント フリッチョフ・カプラ 著 ; 吉福伸逸 [他]訳 工作舎
1995.4
グローバル・ブレイン : 情報ネットワーク社会と人間の課題 ピーター・ラッセル著 ; 吉福伸逸 [ほか] 訳 工作舎
1994.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想