平田 禿木   (1873-1943)

東京日本橋伊勢町生まれ。本名は喜一郎。第一高等中学校に入学し、在学中に「文学界」の同人となり、島崎藤村・北村透谷・上田敏・樋口一葉・星野天知・戸川秋骨・馬場孤蝶らとともに、浪漫主義を掲げる一文士として随筆や評論などを中心に活躍した。この頃早くもダンテやキーツ、ロセッティを紹介している。一高を中退後、東京高等師範学校英語専修科を卒業し、1903(明治36)年から三年間オックスフォード大学に留学。1918(大正7)年には「英語文学」の創刊に主幹として関わり、英文学の紹介に尽力する。またフェノロサとも親交が厚く、彼のために行った能の翻訳は彼の能楽論に多大な貢献を果たした。のち彼の訳稿はフェノロサの手によってイギリスに渡り、エズラ・パウンドの能研究、そしてイェーツにも影響を与えることとなった。訳書は多く、ラム「完訳エリア随筆集」、サッカレー「虚栄の市」、オースティン「高慢と偏見」、ハーディ「テス」をはじめディケンズやワイルド、メレディスの翻訳があり、特に国民文庫刊行会の世界名作大観での多数の訳述は特筆に値する。英文学方面の著書に「最近英文学研究」「英文学印象記」など。(大久保ゆう)Wikipedia「平田禿木

「青空文庫」より

平田 禿木(ひらた とくぼく、1873年(明治6年)2月10日 - 1943年(昭和18年)3月13日)は、英文学者、翻訳家、随筆家。 [生涯] 本名は平田喜一。 喜十郎・みきの長男として、日本橋伊勢町(現・東京都中央区日本橋本町一丁目に生まれた。 家業は染料・薬品の輸入商。 未熟児だったので、街なかより田園の方がと、大宮の母方の叔父、永田荘作方で育った。 叔父は蔵書家だった。 1884年(明治17年)、共立学校に入り、やがて同人雑誌を出すなどした。 1887年(明治20年)、町内の星野天知と洗礼を受けたものの、キリスト教熱は一時的だった。 実家と大宮を往復するように暮らした。 1890年(...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラタ トクボク
人物別名 平田禿木

平田, 喜一

Hirata, Tokuboku

Hirata, Kiichi
生年 1873年
没年 1943年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
深き淵よりの叫び ワイルド 著 ; 平田禿木 訳 ゆまに書房
2004.5
エマアソン全集 平田禿木 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 平田禿木 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 平田禿木 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 戸川秋骨 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 平田禿木 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 戸川秋骨 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 戸川秋骨 訳 日本図書センター
1995.10
エマアソン全集 戸川秋骨 訳 日本図書センター
1995.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想