大田 錦城   (1765-1825)

大田 錦城(おおた きんじょう、明和2年(1765年) - 文政8年4月23日(1825年6月9日))は、江戸時代中期の儒学者。 名は元貞、字は公幹、通称は才佐。 他の号に老人・春草翁・柳橋釣叟・矢倉潜夫がある。 加賀大聖寺の医師・本草学者である大田玄覚の子、母は樫田氏。 姓の「大田」と号の「多稼」は『詩経』の「大田章」に典拠があるという。 [生涯] 幼いころは家兄・後の加賀藩儒・樫田北岸と父の素読を受け、10代の後半までには古方医を修めた。 さらに学問を進めるために最初に京都で皆川淇園に師事するが意に満たず、天明4年(1784年)に山本北山の奚疑塾に入る。 しかし北山の人柄と合わず絶交し、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタ キンジョウ
人物別名 大田錦城

太田, 錦城

公幹

大田, 元貞

大田, 才佐

Ōta, Kinjyō

Ota, Kinzyo
生年 1765年
没年 1825年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
赤城梅花記 ; 白湯集 ; 錦城文集 大田錦城著 ; 杉森正弥解説 朋文
1987.10
春草堂集 [田元貞著] 育徳財団
1938.5
漢籍國字解全書 : 先哲遺著 早稻田大學編輯部編纂 早稲田大学出版部
1926-1933
梧窓漫筆, 2巻 大田元貞才佐著 ; 荒井繇行堯民校 和泉屋金右衛門
文政6[1823]序
龍背發秘 荒井尭民著 三盛堂書店
近江屋書店
1914.2
書經 大田錦城講述 早稲田大学出版部
1914.9
書經 大田錦城講 早稲田大学出版部
1910.9
九經談 大田元貞著 ; 奥山清興 [ほか] 校 吉田久兵衛
文光堂書店
林平次郎
梶田勘助
細川清助
鹿田静七
[1903]
梧窓漫筆 太田錦城 著 ; 荒井尭民 校 小川尚栄堂
明30.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想