赤塚 忠   (1913-1983)

赤塚 忠(あかつか きよし、1913年4月9日 - 1983年11月28日)は、東京大学名誉教授、専門は中国古代思想。 文学博士(東京大学、1962年)(学位論文「周代文化の研究」)。 茨城県出身。 1936年東京帝国大学支那哲学科卒業、二度応召して中国大陸に赴き、陸軍大尉として敗戦を迎える。 その間神戸商業大学予科に勤務、戦後1955年東京大学文学部助教授、1964年教授、1974年定年退官。 1983年11月28日死去。 叙正四位、叙勲三等授旭日中綬章。 加藤常賢の後任として甲骨・金石文を研究、『古代中国の宗教と文化』(1977年)を主著とする。 著作集全7巻がある。 [著書] 『研究漢...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アカツカ キヨシ
人物別名 赤塚忠
生年 1913年
没年 1983年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
角川新字源 小川 環樹;西田 太一郎;赤塚 忠;阿辻 哲次;釜谷 武志【ほか編】 Kadokawa
カドカワ
2017.10.30
角川新字源 小川 環樹;西田 太一郎;赤塚 忠;阿辻 哲次;釜谷 武志【ほか編】 Kadokawa
カドカワ
2017.10.30
諸子思想研究 赤塚忠 著 研文社
2002.3
甲骨・金文研究 赤塚忠 著 研文社
2002.3
楚辞研究 赤塚忠著 研文社
2002.3
思想概論 赤塚忠 [ほか] 編 大修館書店
2000.2
思想史 赤塚忠 [ほか] 編 大修館書店
1997.4
漢文の基礎 赤塚忠, 遠藤哲夫 共著 旺文社
1994.2
角川新字源 小川環樹 ほか編 角川書店
1994.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想