内田 麟太郎   (1941-)

内田 麟太郎(本名・うちだ りんたろう、1941年 - )は、日本の童話作家。 [来歴・人物] 1941年福岡県大牟田市生まれ。 父は詩人内田博(本名・弘喜智)。 大牟田市立中友小学校、松原中学校、福岡県立大牟田北高等学校卒業。 19歳にて上京。 看板職人をしながら詩を書き始める。 詩人遠地輝武、秋山清に私淑。 『新日本詩人』『潮流詩派』を経て現在『方方』詩友、『騒』同人。 詩集に「これでいいへら」潮流詩社、「あかるい黄粉餅」石風社、「なまこ饅頭」無極堂がある。 38歳より児童書を書き始める。 絵本『さかさまライオン』(絵本にっぽん賞)、絵本『うそつきのつき』(小学館児童出版文化賞)、絵本『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチダ リンタロウ
人物別名 内田麟太郎

うちだ, りんたろう
生年 1941年
没年 -
職業・経歴等 児童文学作家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
へんかしらそうかしら 内田麟太郎作 ; 高部晴市絵 鈴木
2020.2
よわむしさんぺいおばけたいじ 内田麟太郎脚本 ; 久住卓也絵 童心社
2020.9
おれがいちばんかけあしオオカミ 内田麟太郎脚本 ; 早川純子絵 童心社
2019.11
たたたんたたたん 内田麟太郎文 ; 西村繁男絵 童心社
2019.9
たまたまたまご 内田麟太郎文 ; 北村裕花絵 文研
2019.11
タコのターくんうみをでる 内田麟太郎作 ; 井上コトリ絵 童心社
2019.6
さよならともだち 内田麟太郎 作 ; 降矢なな 絵 偕成社
2018.3
はるのごほうび 内田 麟太郎【作】;村上 康成【絵】 鈴木出版
2018.3.10
なくのかな 内田麟太郎作 ; 大島妙子絵 童心社
2018.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想