田中 琢   (1933-)

田中啄(たなか みがく、1933年12月29日 - )は、日本の考古学者。 滋賀県出身。 京都大学卒、同大学院修士課程修了。 59年奈良国立文化財研究所所員、のち同埋蔵文化財センター所長、文化庁文化財鑑査官をへて、94年奈良国立文化財研究所長。 99年退官。 平城宮跡の発掘調査では木簡第1号発見者となった。 [著書] 日本の原始美術 8 古鏡 講談社 1979.2 日本の歴史 2 倭人争乱 集英社 1991.7 [共編著] 考古学の散歩道 佐原真共著 1993.11 (岩波新書) 発掘を科学する 佐原真共編 1994.10 (岩波新書) 新しい研究法は考古学になにをもたらし...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タナカ ミガク
人物別名 田中琢
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 考古学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
考古学で現代を見る 田中琢 著 岩波書店
2015.3
日本考古学事典 田中琢, 佐原真 編 三省堂
2011.6
石見銀山 : 世界史に刻まれた日本の産業遺跡 田中琢 監修 平凡社
2007.11
日本考古学事典 田中琢, 佐原真 ほか編 三省堂
2002.5
ヒトと環境と文化遺産 : 21世紀に何を伝えるか 網野善彦, 後藤宗俊, 飯沼賢司 編 山川出版社
2000.2
古鏡 小林行雄 著 ; 田中琢 解説 学生社
2000.12
日本人の起源と地域性 佐原真, 田中琢 編 小学館
1999.10
美術を科学する 田中琢執筆・編集 至文堂
1999.9
歴史発掘 田中琢, 佐原真 監修 講談社
1998.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想