竹本 健治   (1954-)

竹本 健治(たけもと けんじ、1954年9月17日 - )は日本の小説家・推理作家・SF作家。 兵庫県相生市生まれ。 東洋大学文学部哲学科中退。 代表作『ウロボロスの偽書』『ウロボロスの基礎論』『ウロボロスの純正音律』は、著者自身、綾辻行人、小野不由美、島田荘司などの実在の人物が架空の推理小説の中に登場するポストモダン的なメタ小説。 [経歴] 1973年 - 私立淳心学院高等学校卒業。 1977年 - デビュー作『匣の中の失楽』を探偵小説専門誌『幻影城』に連載。 1977年 - 東洋大学文学部哲学科中退。 1979年 - 『匣の中の失楽』で第32回日本推理作家協会賞(長編部門)候補作に選ばれ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケモト ケンジ
人物別名 竹本健治
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
狐火の辻 竹本健治著 Kadokawa
2020.1
腐蝕の惑星 竹本健治 [著] Kadokawa
2018.1
狂い壁狂い窓 竹本健治 [著] 講談社
2018.2
涙香迷宮 竹本 健治【著】 講談社
2018.3.15
囲碁殺人事件 竹本健治 [著] 講談社
2017.2
将棋殺人事件 竹本健治 [著] 講談社
2017.3
しあわせな死の桜 竹本健治 著 講談社
2017.3
かくも水深き不在 竹本健治 著 新潮社
2017.4
トランプ殺人事件 竹本健治 [著] 講談社
2017.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想