瀬戸内 寂聴   (1922-)

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年(大正11年)5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。 旧名は瀬戸内 晴美(せとうち はるみ)。 僧位は僧正。 1997年文化功労者、2006年文化勲章。 学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。 学位は文学士(東京女子大学)。 徳島県徳島市名誉市民の称号を取得。 京都市名誉市民。 元天台寺住職現名誉住職。 比叡山延暦寺禅光坊住職。 元敦賀短期大学学長。 代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。 近年では『源氏物語』に関連する著作が多い。 これまでの著作により多くの文学賞を受賞した...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セトウチ ジャクチョウ
人物別名 瀬戸内寂聴
生年 1922年
没年 -
職業・経歴等 小説家
をも見よ ぱーぷる

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
寂聴少女小説集 瀬戸内寂聴著 徳島県文化振興財団徳島県立文学書道館
2019.4
掌篇歳時記 瀬戸内寂聴 [ほか] 著 講談社
2019.4-2019.10
命あれば 瀬戸内寂聴著 新潮社
2019.8
祇園女御 瀬戸内寂聴 [著] 講談社
2019.1
寂聴 : 九十七歳の遺言 瀬戸内寂聴著 朝日新聞
2019.11
97歳の悩み相談 瀬戸内寂聴著 講談社
2019.9
はい、さようなら。 瀬戸内寂聴著 光文社
2019.11
死に支度 瀬戸内寂聴 [著] 講談社
2018.1
創造&老年 横尾忠則 著 SBクリエイティブ
2018.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想