佐々木 賢   (1933-)

佐々木 賢(ささき けん、1933年 - )は日本の教育・社会臨床学に関する評論家。 旧満州国瀋陽生まれ。 日本社会臨床学会運営委員。 [プロフィール] 満州国瀋陽生まれ。 幼少時に旧南満州鉄道の技師だった父を亡くし、終戦後引揚げ。 書店勤務等のかたわら愛知県内の定時制高校に通学するが、結核のため休学。 復学後、社会問題を話し合う校内サークル「語り聞く会」に参加、のちに名古屋新幹線訴訟原告団となる森田愛作らと知りあう。 大学卒業後、東京都立高校の主に定時制の教員として勤務。 1975年頃より校内暴力が激しくなり、その背景を探ることが教育問題を語る原風景となる。 (「親と教師が少し楽になる本―...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササキ ケン
人物別名 佐々木賢
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦時下の日常と子どもたち 佐々木賢著 青土社
2021.12
ブラック化する教育 大内裕和 著 ; 斎藤貴男, 佐々木賢, 児美川孝一郎, 今野晴貴 対話 青土社
2015.6
福島の現状と子どもたちの人権 國分俊樹 [述] ; 佐々木賢, 阿部忠 編 本の森
2013.8
教育×(と)原発 佐々木賢 著 青土社
2011.7
商品化された教育 : 先生も生徒も困っている 佐々木賢, 山梨彰, 沖塩有希子 著 青土社
2009.11
教育と格差社会 佐々木賢 著 青土社
2007.8
学校という場で人はどう生きているのか 浜田寿美男, 小沢牧子, 佐々木賢 編著 北大路書房
2003.4
親と教師が少し楽になる本 : 教育依存症を超える 佐々木賢 著 北斗
2002.4
カウンセリング・幻想と現実 日本社会臨床学会 編 現代書館
2000.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想