平場 安治   (1917-2002)

平場 安治(ひらば やすはる、1917年 - 2002年6月27日)は、大阪府出身の法学者。 1993年日本学士院会員。 京都大学名誉教授。 従三位勲二等瑞宝章。 弁護士。 [学説] 新派刑法理論にたつ宮本英脩の弟子。 戦後まもなくハンス・ヴェルツェルの目的的行為論・人的不法論を日本に紹介し、平野龍一、福田平と共に「三平」と呼ばれた(平野は後に目的的行為論批判に転じた。)。 弟子に中森喜彦、鈴木茂嗣らがいる。 [来歴] 大阪生まれ。 姫路高等学校を経て、1940年京都大学法学部卒業後、宮本英脩の助手として同大に残る。 大学卒業後大日本帝国海軍入隊するも1946年復員 1947年京都大学法学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラバ ヤスハル
人物別名 平場安治
生年 1917年
没年 2002年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
団藤重光博士古稀祝賀論文集 平場安治 [ほか] 編 有斐閣
2013.1-
刑事訴訟法講義 平場安治 著 有斐閣
2001.7
刑法概説 平場安治 ほか編 有斐閣
1996.4
死刑廃止を求める 佐伯千仭 ほか編著 日本評論社
1994.12
法学入門 平場安治 編 青林書院
1988.4
少年法 平場安治 著 有斐閣
1987.4
注解刑事訴訟法 平場安治 ほか共著 青林書院
1987.5
少年法 平場安治著 有斐閣
c1987
法学入門 平場安治 編 青林書院
1985.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想