クライン 孝子   (1939-)

クライン孝子(クラインたかこ、1939年12月15日 - )は、日本のノンフィクション作家。 拓殖大学客員教授。 現在はドイツのフランクフルト・アム・マイン近郊のエシュボルン市に在住している。 満州出身。 [経歴] 1939年、満州生まれ。 戦後日本へ引き揚げ、 京都府福知山市に住み小学校時代を過ごす。 その後愛知県江南市に移住。 滝中学校・滝実業高等学校(現・滝中学校・高等学校)卒業後3年間、家事を手伝う。 その間大学に進学するための学費を貯金し、岐阜市立女子短期大学・英文科に入学。 学費はすべてアルバイトで賄った。 短大卒業後、帝国ホテルや外資系貿易会社に勤務。 その伝手で 1968年に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クライン タカコ
人物別名 クライン孝子

Klein, Takako
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
どうする日本の女性政策 クライン孝子 著 海竜社
2015.6
敗戦国・日本とドイツ戦後70年でなぜ差がついたのか クライン孝子 著 祥伝社
2015.11
日本人はなぜ成熟できないのか 曽野綾子, クライン孝子 著 海竜社
2014.7
いまを生きる覚悟 曽野綾子, クライン孝子 著 致知出版社
2012.3
なぜドイツは脱原発、世界は増原発なのか。迷走する日本の原発の謎 クライン孝子 著 海竜社
2011.9
大計なき国家・日本の末路 : 日本とドイツ、それぞれの戦後を分けたもの クライン孝子 著 祥伝社
2009.9
国家の決断 : 7つの課題 クライン孝子 著 海竜社
2006.2
なぜ日本人は成熟できないのか 曽野綾子, クライン孝子 著 海竜社
2003.4
拉致!! : 被害者を放置した日本国をあげて取り戻したドイツ クライン孝子 著 海竜社
2003.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想