宮永 孝   (1943-)

宮永 孝(みやなが たかし、1943年 - )は、日本の歴史学者、法政大学教授。 専攻は異文化交渉・交流史、日本洋学史、比較文学。 [来歴] 富山県高岡市に生まれる。 早稲田大学大学院文学研究科満期退学。 法政大学教養部講師、助教授、社会学部教授。 93年「幕末オランダ留学生の研究」で博士号(文学;法政大学)。 2002年ゲスナー賞銀賞受賞。 [著書] 『文壇の異端者 エドガー・アラン・ポーの生涯』新門社 1979年 『ペリー提督 日本遠征とその生涯』有隣堂〈有隣新書〉1981年 『幕府オランダ留学生』東京書籍〈東書選書〉1982年 『異常な物語の系譜 フランスにおけるポー』三修社、198...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤナガ タカシ
人物別名 宮永孝
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
西洋哲学と日本 : 哲学の受容史研究 宮永孝著 宮永孝
2021.6
社会学伝来考 : 明治・大正・昭和の日本社会学史 宮永孝 著 角川グループパブリッシング
角川学芸
2011.7
楊牙児奇獄 : オランダの探偵小説 イェー・ベー・クリステメイエル 原作 ; 宮永孝 訳 宮永孝
2011.10
馬を買いに来た男 : イギリス陸軍将校の幕末日本日記 E.B.ド・フォンブランク 原著 ; 宮永孝 訳 雄松堂書店
2010.9
開国の使者 : ハリスとヒュースケン 宮永孝 著 雄松堂
2007.6
幕末遣欧使節団 宮永孝 著 講談社
2006.3
万延元年の遣米使節団 宮永孝 著 講談社
2005.3
日本洋学史 : 葡・羅・蘭・英・独・仏・露語の受容 宮永孝 著 三修社
2004.6
日本における十週間 G.スミス 著 ; 宮永孝 訳 雄松堂
2003.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想