東恩納 寛惇   (1882-1963)

東恩納 寛惇(ひがしおんな かんじゅん、1882年10月14日 - 1963年1月24日)は、日本の歴史学者である。 沖縄県那覇市出身。 [経歴] 1908年に東京帝国大学史学科卒業後、東京府立一中教諭、府立高等学校や法政大学、拓殖大学等の教授を務めた。 主に歴代宝案を研究し、多くの著書を残した。 その多くは沖縄県立図書館に寄贈されている。 なお、寄贈された著書は東恩納寛惇文庫として保存されている。 沖縄史関係資料が乏しい中、寛惇が集めた資料、彼の著書は沖縄研究において重要な役割を果たしている。 死後、琉球新報によって『東恩納寛惇賞』が創設されている。 [年表] 1882年10月14日 -...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒガシオンナ カンジュン
人物別名 東恩納寛惇
生年 1882年
没年 1963年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三味線放浪記 山入端つる著 ボーダーインク
2021.8
北足立郡誌 : 全 ; 琉球人名考 : 附 位階制度 北足立郡役所編 ; 東恩納寛惇著 竜渓書舎
2004.1
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2004.1
三味線放浪記 山入端つる 著 ニライ社
1996.12
東恩納寛惇全集 琉球新報社 編 第一書房
1994.8
東恩納寛惇全集 琉球新報社 編 第一書房
1993.7
東恩納寛惇全集 琉球新報社 編 第一書房
1993.7
東恩納寛惇全集 琉球新報社 編 第一書房
1993.7
東恩納寛惇全集 琉球新報社 編 第一書房
1993.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想