岸 由二   (1947-)

岸 由二(きし ゆうじ、1947年(昭和22年)9月16日 - )は、日本の進化生態学者、慶應義塾大学名誉教授。 神奈川県生まれ。 1970年横浜市立大学文理学部生物科卒業。 1976年東京都立大学理学部動物生態学博士課程退学。 1977年「チチブの社会生体学的研究」で都立大学理学博士。 慶應義塾大学経済学部助教授、91年教授、2013年定年退任、名誉教授。 流域アプローチによる都市再生論を研究・実践。 [著書] 『いのちあつまれ小網代』木魂社、1987 『リバーネーム』リトル・モア、1994 『自然へのまなざし ナチュラリストたちの大地』紀伊國屋書店、1996 『奇跡の自然 三浦半島小網代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キシ ユウジ
人物別名 岸由二
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「自然」という幻想 : 多自然ガーデニングによる新しい自然保護 エマ・マリス著 ; 岸由二, 小宮繁訳 草思社
2021.4
生きのびるための流域思考 岸由二著 筑摩書房
2021.7
都市で進化する生物たち : "ダーウィン"が街にやってくる メノ・スヒルトハウゼン著 ; 岸由二, 小宮繁訳 草思社
2020.8
利己的遺伝子の小革命 : 1970-90年代日本生態学事情 岸由二著 八坂書房
2019.11
利己的な遺伝子 リチャード・ドーキンス [著] ; 日髙敏隆, 岸由二, 羽田節子, 垂水雄二 訳 紀伊国屋書店
2018.2
「奇跡の自然」の守りかた 岸由二, 柳瀬博一 著 筑摩書房
2016.5
外来種は本当に悪者か? フレッド・ピアス 著 ; 藤井留美 訳 草思社
2016.7
よみがえれ、海のゆりかご : アマモ場の生きものと小網代アマモ場再生の取り組み 江良弘光, 工藤孝浩文 ; 江良弘光, 江良美穂イラスト 水と緑の環境ネットワークの会
2016.3
「流域地図」の作り方 : 川から地球を考える 岸由二 著 筑摩書房
2013.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想