日高 只一   (1879-1955)

日高只一(ひだか ただいち、1879年3月23日-1955年1月12日)は、英文学者。 広島県出身。 号は未徹。 早稲田大学文学部英文科卒。 坪内逍遥に師事する。 1908年早大講師。 1921-23年英国、米国に学び、帰国後、早大文学部教授。 文学部長を務め、1949年定年退任、名誉教授、立正大学教授、武蔵野女子学院短期大学教授。 1944-45年日本英文学会会長。 アメリカ文学を早い時期から研究した。 [著書] 『英文解釈法 新式分類』東山堂 1909 『英米文芸印象記』新潮社 1924 『アメリカ文学概論』東京堂 1932 『英米文学の背景』四条書房 1933 『研究社英米文学評伝叢書...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒダカ タダイチ
人物別名 日高只一
生年 1879年
没年 1955年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
歐米教育史 イー・エル・ケンプ原著, 日高只一訳補 有明書房
1986.7
研究社英米文学評伝叢書 日高只一著 研究社
1980.6
ウインダミア夫人の扇 ワイルド著 ; 日高只一解説注釈 研究社
1965.7
アイヴァンホウ スコット[著] ; 日高只一訳 河出書房
1951
アメリカ精神 : アメリカ発展の原動力 日高只一 著 千葉商事出版部
昭和22
文芸中心アメリカの思出 日高只一 著 千葉商事出版部
昭和22
人生の書 ハーデイ 著 ; 日高只一 編 南北書園
昭和21
アメリカ文学概論 日高只一 著 東京堂
1946
キャンディダ G.B.Shaw 著 ; 日高只一 註釈 研究社
昭和17
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想