赤松 良子   (1929-)

赤松 良子(あかまつ りょうこ、1929年(昭和4年)8月24日 - )は、日本の労働官僚、外交官、政治家。 勲等は旭日大綬章。 財団法人日本ユニセフ協会会長。 筆名は青杉 優子。 在ウルグアイ大使、文部大臣を歴任。 [概要] 労働省婦人局長時代、男女雇用機会均等法制定の中核となった。 細川護熙、羽田孜両内閣で文部大臣を務めた。 [来歴] 1929年(昭和4年)8月24日大阪市天王寺区に赤松麟作、浅香夫妻の二女として生まれる。 父・赤松麟作は、黒田清輝に師事し、関西西洋画壇の大家となった人物。 弟子に佐伯祐三らがいる。 赤松夫妻は二人とも再婚で、麟作は先妻との間に五男一女がいた。 良子がう...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アカマツ リョウコ
人物別名 赤松良子
生年 1929年
没年 -
職業・経歴等 閣僚経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
WIN WINニュースレターから : 2013-2020 赤松良子著 パド・ウィメンズ・オフィス
2021.10
忘れられぬ人々 赤松良子 著 ドメス
2017.12
女性議員が増えれば社会が変わる 赤松良子, 小宮山洋子, 高木美智代, 糸数慶子, 林久美子, 小宮山泰子, 古屋範子, 福島みずほ 著 パド・ウィメンズ・オフィス
2016.7
忘れられぬ人々 赤松良子 著 ドメス
2014.8
時代を視る : 2004~2012 赤松良子 著 パド・ウィメンズ・オフィス
2013.3
クオータ制の実現をめざす WIN WIN 編著 ; 赤松良子 監修 パド・ウィメンズ・オフィス
2013.3
ひとすじの道 : 中村道子ライフストーリー 中村道子 述 ; 赤松良子, 中田美子, 松本泰子, 山下泰子 編 国際女性の地位協会
2007.6
戦後女性労働基本文献集 原ひろ子 監修 ; 藤原千賀, 武見李子 編 日本図書センター
2006.5
女性の権利 : ハンドブック女性差別撤廃条約 赤松良子 監修 ; 国際女性の地位協会 編 岩波書店
2005.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想