日本語学の二つの課題 : 「日本語の方言形成過程について」および「全言語間自動翻訳・自動通訳装置の開発のための予備的研究」 (ニホンゴガク ノ フタツ ノ カダイ : ニホンゴ ノ ホウゲン ケイセイ カテイ ニ ツイテ オヨビ ゼンゲンゴカン ジドウ ホンヤク ジドウ ツウヤク ソウチ ノ カイハツ ノ タメ ノ ヨビテキ ケンキュウ)

この作品の情報

著作名ヨミ ニホンゴガク ノ フタツ ノ カダイ : ニホンゴ ノ ホウゲン ケイセイ カテイ ニ ツイテ オヨビ ゼンゲンゴカン ジドウ ホンヤク ジドウ ツウヤク ソウチ ノ カイハツ ノ タメ ノ ヨビテキ ケンキュウ
著作者名 上村 幸雄

掲載されている本

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
消滅の危機に瀕した言語の研究の現状と課題 崎山理 編 国立民族学博物館
2003.6
この作品が掲載されている本を検索
この作品を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この作品と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想