服部 治則   (1920-)

服部 治則(はっとりはるのり、1920年〈大正9年〉 - )は、日本の歴史学者、民俗学者である。 山梨大学名誉教授。 [人物・経歴] 三重県上野市に生まれる。 1945年(昭和20年)に東京文理科大学(のちの東京教育大学)史学科国史科を卒業し、1947年には山梨師範学校(のちの山梨大学)助教授になる。 山梨県の農村地域における柳田國男の調査にも同行している。 歴史学と民俗学の手法を組み合わせた歴史民俗学的アプローチの研究を行い、1950年代から60年代には山梨県独自の民俗事例として知られる親分子分慣行の研究を行う。 これは非血縁の親子関係を結び、親分は子分に経済的庇護を加え子分は親分に対して...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハットリ ハルノリ
人物別名 服部治則
生年 1920年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
武田氏家臣団の系譜 服部治則 著 岩田書院
2007.11
一蓮寺過去帳 : 影印対照 一蓮寺過去帳刊行会 編 ; 磯貝正義 監修 ; 磯貝正義, 服部治則, 秋山敬, 坂本徳一 執筆 すずさわ書店
地人館
2006.12
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
中部・北陸の民俗 大島暁雄 ほか編 三一書房
1996.6
武田史料集 清水 茂夫;服部 治則【校注】 新人物往来社
1987.10.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想