桜井 徳太郎   (1917-2007)

桜井 徳太郎(さくらい とくたろう、1917年4月1日 - 2007年8月27日)は、日本の民俗学者。 [経歴] 新潟県北魚沼郡川口町出身。 1944年に東京文理科大学文学部史学科を卒業、東京高等師範学校助教授、61年東京教育大学文学部助教授、73年教授、77年駒澤大学教授、83年文学部長、86年学長、91年退任、名誉教授。 日本民俗学会会長や日本風俗史学会会長も務めた。 62年「地域社会における講の沈着過程の研究」で東京教育大学文学博士。 1981年に紫綬褒章、1990年秋、勲三等旭日中綬章受勲。 柳田國男の晩年に門下に入り、1962年には第一回柳田國男賞、2002年には第十二回南方熊楠賞...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サクライ トクタロウ
人物別名 桜井徳太郎

櫻井, 徳太郎
生年 1917年
没年 2007年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民衆史の遺産 谷川健一, 大和岩雄 責任編集 大和書房
2017.1
聖地と他界観 桜井徳太郎編 名著
2016.5
新編霊魂観の系譜 桜井徳太郎 著 筑摩書房
2012.7
地蔵信仰 桜井徳太郎編 雄山閣
2007.5
私説柳田國男 櫻井徳太郎 著 吉川弘文館
2003.8
地蔵信仰 桜井 徳太郎【編】 雄山閣
雄山閣出版
2003.4.1
民間信仰 桜井徳太郎 著 塙書房
2002.3(12刷)
シャーマニズムとその周辺 櫻井徳太郎 編著 第一書房
2000.12
山岳宗教と民間信仰の研究 櫻井徳太郎 編 名著
2000.11(第7刷)
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想