寿岳 章子   (1924-2005)

寿岳 章子(じゅがく あきこ、1924年1月2日 - 2005年7月13日)は、日本の国語学者、エッセイスト。 [人物] 寿岳文章・寿岳しづ夫妻の長女として京都府に生まれる。 1946年、東北帝国大学卒業、京都大学大学院へ進学。 京都府立大学助教授、教授として同大学に36年間勤めた。 言葉と女性差別の問題で発言を続け、「憲法を守る婦人の会」の活動に30年以上携わった。 弟は天文学者の寿岳潤。 [著書] レトリック 日本人の表現 共文社, 1966 女は生きる 名前が語る女の歴史 三省堂新書, 1968 花と詩の旅 芸艸堂, 1970 働く婦人の講座 7 働く婦人の人間関係 汐文社, 197...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ジュガク アキコ
人物別名 寿岳章子

壽岳, 章子
生年 1924年
没年 2005年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
京に暮らす悦び 寿岳章子 著 ; 沢田重隆 絵 角川グループパブリッシング
角川学芸
2010.10
京都まちなかの暮らし 寿岳章子 著 ; 沢田重隆 絵 角川グループパブリッシング
角川学芸
2009.10
戦後女性労働基本文献集 原ひろ子 監修 ; 藤原千賀, 武見李子 編 日本図書センター
2006.1
女とことば : 女は変わったか日本語は変わったか : 壽岳章子さんの喜寿を記念して 遠藤織枝 編 明石書店
2001.12
日本語よどこへ行く : 講演とシンポジウム 井上ひさし ほか著 岩波書店
1999.6
京都、大好き。 寿岳章子 著 ぱる
1999.11
ひたすら憲法 寿岳章子 著 岩波書店
1998.7
東北帝国大学女子学生の記録 : 昭和十八年十月に入学して 晩夏会編著 晩夏会
1998.8
「女・子供」の目 寿岳章子, 千田夏光 著 蕗薹書房
1997.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想