三宅 一郎   (1931-)

三宅 一郎(みやけ いちろう、1931年(昭和6年)7月30日 - )は、日本の政治学者。 兵庫県生まれ。 神戸大学名誉教授。 日本学士院会員。 法学博士(京都大学)。 勲二等瑞宝章受賞。 専門は、政治過程論。 とりわけ投票行動。 [人物] 日本における投票行動分析の第一人者。 元々は猪木正道の下で日本政治史を研究していたが、アメリカのミシガン大学留学後は投票行動研究に転じた。 [略歴] 経歴は以下の通り。 1954年3月 - 京都大学法学部卒業 1957年4月 - 京都大学人文科学研究所助手 1972年4月 - 京都大学人文科学研究所講師 1974年4月 - 同志社大学法学部教授(至19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤケ イチロウ
人物別名 三宅一郎
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本政治の座標 : 戦後四〇年のあゆみ 三宅一郎[ほか]著 有斐閣
2004.9
55年体制下の政治と経済 : 時事世論調査データの分析 三宅一郎, 西澤由隆, 河野勝 著 木鐸社
2001.2
選挙制度変革と投票行動 三宅一郎 著 木鐸社
2001.6
新版SPSS X 山本嘉一郎, 小野寺孝義, 竹村和久 著 東洋経済新報社
1999.9
JESIIデータ・クリーニング版I : コードブック 小林良彰作成 慶応義塾大学
[1999.9]
政党支持の構造 三宅一郎 著 木鐸社
1998.2
JES2コードブック 蒲島郁夫 [ほか]著 木鐸社
1998.2
環境変動と態度変容 綿貫譲治, 三宅一郎 著 木鐸社
1997.2
日本の政治と選挙 三宅一郎 著 東京大学出版会
1995.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想