吉野 俊彦   (1915-2005)

吉野 俊彦(よしの としひこ、1915年7月4日 - 2005年8月12日)は、日本銀行理事。 父は逓信官僚の吉野圭三。 千葉県生まれ。 1938年東京帝国大学法学部卒、日本銀行入行、調査局に勤め、内国調査課長、局次長、局長を経て1970年理事。 1974年山一証券経済研究所理事長、1984年会長、1985年山一証券経済研究所特別顧問となり1998年まで務めた。 安定成長論者で高度成長論者と論争を行い、経済学、金融史のほか、後半生は森鴎外研究でも知られ、晩年は永井荷風について書いた。 多数の著作がある。 [著書] インフレーションの経済学 時事通信社 1948 九原則と経済安定 労働文化社 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシノ トシヒコ
人物別名 吉野俊彦
生年 1915年
没年 2005年
職業・経歴等 経済評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
歴代日本銀行総裁論 吉野俊彦 [著] ; 鈴木淑夫 補論 講談社
2014.12
追想吉野俊彦 吉野俊彦博士追想録刊行委員会 編 吉野俊彦博士追想録刊行委員会
2006.7
熱狂、恐慌、崩壊 : 金融恐慌の歴史 C.P.キンドルバーガー 著 ; 吉野俊彦, 八木甫 訳 日本経済新聞社
2004.6
永井荷風と河上肇 : 放蕩と反逆のクロニクル 吉野俊彦 著 日本放送出版協会
2001.6
これがデフレだ! 吉野俊彦 著 日本経済新聞社
2001.5
「斷腸亭」の経済学 : 荷風文学の収支決算 吉野俊彦 著 日本放送出版協会
1999.7
金融の知識 吉野俊彦 著 日本経済新聞社
1998.8
企業崩壊 : 私の履歴書正・続 吉野俊彦 著 清流
1998.12
高橋是清伝 高橋是清 口述 ; 上塚司 筆録 ; 矢島裕紀彦 現代語訳 小学館
1997.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想