吉野 裕子   (1916-2008)

吉野裕子(よしの ひろこ、1916年 - 2008年4月18日)は、民俗学者。 東京都出身。 1942年『風のさそひ』を上梓、専業主婦となるが、日本舞踊を習っていたことから民俗学に関心をもち、1954年津田塾大学卒業、1970年著書『扇』を刊行、1977年「陰陽五行思想から見た日本の祭り」により筑波大学(東京教育大学)文学博士号取得。 在野の学者として著書多数。 全集全12巻がある。 [著書] 風のさそひ 雄山閣 1942 扇 「性」と古代信仰の秘密を物語る「扇」の謎 学生社 1970 祭りの原理 慶友社 1972 日本古代呪術 陰陽五行と日本原始信仰 大和書房 1974 隠された神々 古代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシノ ヒロコ
人物別名 吉野裕子

赤池, 裕子
生年 1916年
没年 2008年
職業・経歴等 民俗学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本古代呪術 吉野裕子 [著] 講談社
2016.4
日本人の死生観 吉野裕子 著 河出書房新社
2015.3
カミナリさまは、なぜヘソをねらうのか? 吉野裕子 著 サンマーク
2015.11
隠された神々 吉野裕子 著 河出書房新社
2014.11
吉野裕子全集 吉野裕子 著 人文書院
2008.3
吉野裕子全集 吉野裕子 著 人文書院
2008.6
山の神 : 易・五行と日本の原始蛇信仰 吉野裕子 著 講談社
2008.8
吉野裕子全集 吉野裕子 著 人文書院
2007.1
吉野裕子全集 吉野裕子 著 人文書院
2007.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想