吉増 剛造   (1939-)

吉増 剛造(よします ごうぞう、1939年(昭和14年)2月22日- )は、日本の詩人。 東京都出身。 妻はブラジル生まれの歌手、マリリア。 [概要] 杉並区阿佐ヶ谷に生まれ、福生市に育つ。 慶應義塾大学在学中から詩作を試みていた。 現代日本を代表する先鋭的な詩人の一人として高い評価を受けている。 『黄金詩篇』『王國』などの初期作品では、エクスクラメーション・マークを連打した疾走感あふれる詩を多数発表した。 中期以降は読点とリーダーを多用しての、ポリフォニー的構造を持った独特の文体へと移行している。 詩の朗読パフォーマンスの先駆者としても知られ、海外でも積極的に朗読ライブを開催している。 自...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシマス ゴウゾウ
人物別名 吉増剛造
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 写真家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
盤上の海、詩の宇宙 羽生 善治;吉増 剛造【著】 河出書房新社
2018.3.30
舞踏言語 : ちいさな廃星、昔恒星が一つ来て、幽かに"御晩です"と語り初めて、消えた 吉増剛造著 論創社
2018.5
舞踏言語 : ちいさな廃星、昔恒星が一つ来て、幽かに"御晩です"と語り初めて、消えた 吉増剛造著 論創社
2018.5
詩人吉増剛造展 : 涯テノ詩聲 (ハテノウタゴエ) 篠原誠司編 沖縄県立博物館・美術館
[2018]
荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017- 荒木経惟 [撮影] ; 東京都写真美術館 監修 HeHe
2017.7
島尾敏雄・ミホ [吉増剛造ほか著] 河出書房新社
2017.7
詩人吉増剛造展 : 涯テノ詩聲 篠原誠司, 平塚泰三, 菊井崇史編 書肆子午線
美術館連絡協議会
足利市立美術館
2017.11
我が詩的自伝 吉増剛造 著 講談社
2016.4
心に刺青をするように 吉増剛造 著 藤原書店
2016.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想