吉倉 範光   (1907-1988)

吉倉 範光(よしくら のりみつ、1907年-1988年)は、精神医学者。 [経歴] 1933年東京慈恵会医科大学卒業、千葉医科大学講師、フランス留学、1947年「青年期「独創的危機」の精神病理学的研究」で慶応義塾大学医学博士。 戦後は日本大学医学部教授。 [著書] 『精神医学の黎明 中世紀魔術思想の克服』白水社 1944 『小児臨床神経学入門』南山堂 1966 [著書] 『若き独創の危機』佐藤正義共著 白水社科学選書 1941 『青年の人格』佐藤正義共著 白水社科学選書 1942 『小児診療のポイント』馬場一雄,大国真彦共著 南山堂 1968 『図説小児の神経病』吉野良寿共著 金原出...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシクラ ノリミツ
人物別名 吉倉範光
生年 1907年
没年 1988年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
子どもの精神医学 ディディエ・デュシェ 著 ; 吉倉範光 訳 白水社
1975
小児臨床神経学入門 吉倉範光 著 南山堂
1975
小児臨床神経学入門 吉倉範光 著 南山堂
1973
図説小児の神経病 吉倉範光, 吉野良寿 共著 金原
1973
言語と思考 ポール・ショシャール 著 ; 吉倉範光 訳 白水社
1972
異常児の教育 ジルベール・ロバン 著 ; 吉倉範光 訳 白水社
1970
青年期 モーリス・ドベス 著 ; 吉倉範光 訳 白水社
1969
小児診療のポイント 馬場一雄, 吉倉範光, 大国真彦 著 南山堂
1968
心の健康 : 精神衛生 フランソワ・クルーチェ 著 ; 吉倉範光 訳 白水社
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想