吉江 喬松   (1880-1940)

フランス文学者、詩人、評論家。長野県生まれ。早稲田大学英文科卒業後、矢野竜渓、国木田独歩らの近事画報社で「新古文林」の編集にあたる。1915(大正4)年、早稲田大学教授となり、1916(大正5)年、パリに留学。帰国後、文学部に仏文科を創設。フランス文学の紹介者となった。農民文芸論を唱道したことでも知られる。Wikipedia「吉江喬松

「青空文庫」より

吉江 喬松(よしえ たかまつ、1880年9月5日 - 1940年3月26日)は、フランス文学者、詩人、作家、評論家、早稲田大学教授。 号をもって吉江孤雁ともいう。 ジャン・ラシーヌなど古典悲劇を専門とした。 農民文芸運動の提唱者のひとり。 [経歴] 長野県東筑摩郡長畝村(現・塩尻市)で代々庄屋を務めた吉江家の長男として生まれた。 父久一郎は東京高等師範卒業で槻堂と号した漢詩人で、中村太八郎、木下尚江らと全国に先がけて普選運動に取り組んだひとりだった。 木下の『良人の自白』の主人公「白井俊三」のモデルとされる。 1893年に松本中学校(長野県松本深志高等学校の前身)に入学し、先輩であった塩沢重...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシエ タカマツ
人物別名 吉江喬松
生年 1880年
没年 1940年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 吉江, 孤雁(1880-1940)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界文芸大辞典 吉江喬松編輯 日本図書センター
2004.9
新しき偶像 ドゥ・キュレル 著 ; 吉江喬松 訳 ゆまに書房
2004.5
ルゴン家の人々 ゾラ 著 ; 吉江喬松 訳 ゆまに書房
2004.5
ルゴン家の人々 ゾラ 著 ; 吉江喬松 訳 ゆまに書房
2004.5
世界文芸大辞典 吉江喬松 編 日本図書センター
2004.9
世界文芸大辞典 吉江喬松 編 日本図書センター
2004.9
世界文芸大辞典 吉江喬松 編 日本図書センター
2004.9
世界文芸大辞典 吉江喬松 編 日本図書センター
2004.9
世界文芸大辞典 吉江喬松 編 日本図書センター
2004.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想