赤松 要   (1896-1974)

赤松 要(あかまつ かなめ、1896年8月7日 - 1974年12月20日)は経済学者。 日本における経済政策学の第一人者で、雁行形態論(後小島清や山澤逸平らにより発展)等を提唱したことで知られる。 [来歴] 福岡県に旧久留米藩藩士の長男として生まれる。 久留米商業学校(現久留米市立久留米商業高等学校)、神戸高等商業学校(現神戸大学)を経て、1921年東京高等商業学校(現一橋大学)卒。 1944年経済学博士(東京商科大学)。 1921年、名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)講師、1922年、同教授、1939年、東京商科大学(現一橋大学)教授。 戦時中は東京商科大学東亜経済研究所が担当し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アカマツ カナメ
人物別名 赤松要
生年 1896年
没年 1974年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
1985年の世界貿易 世界経済研究協会 編 至誠堂
1975
学問遍路 : 赤松要先生追悼論集 門下生 編 世界経済研究協会
1975.12
金廃貨と国際経済 赤松要 著 東洋経済新報社
1974
貴子の追想 赤松貴子[著] ; 赤松要[ほか編] 赤松要
1973.11
経済通論 赤松要著 青林書院新社
1968
現代世界経済と国際経済理論 赤松要, 吉田義三 編 日本評論社
1967
現代世界経済と国際経済理論 : 名和統一教授還暦記念論文集 赤松要,吉田義三編 日本評論社
1967.7
経済政策論 赤松要 著 青林書院新社
1966
経済通論 赤松要著 青林書院新社
1966
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想