山田 文雄   (1953-)

山田 文雄(やまだ ふみお、1953年 - )は滋賀県出身の哺乳類学者。 [人物] 1953年、滋賀県生まれ。 1981年、九州大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学。 独立行政法人森林総合研究所勤務,1990年 九州大学 農学博士 論文の題は「ニホンノウサギ(Lepus brachyurus)の生態,特にヒノキ造林木への食害とその防止に関する研究」。 。 1991年、森林野生動物研究会(旧野兎研究会)常任理事。 侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術に関する技術開発など保全生物学について研究しており、2011年12月20日に東京大学出版会から「日本の外来哺乳類ー管理戦略と生態系保...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ フミオ
人物別名 山田文雄
生年 1953年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ネコ・かわいい殺し屋 : 生態系への影響を科学する ピーター・P・マラ, クリス・サンテラ著 ; 岡奈理子 [ほか] 訳 築地書館
2019.4
ウサギ学 山田文雄 著 東京大学出版会
2017.2
侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術に関する技術開発 : 環境省「生物多様性関連技術開発等推進費」平成23年度報告書 小倉剛, 砂川勝徳, 山田文雄, 池田透, 羽山伸一 著 ; 山田文雄 編 小倉剛
2012
侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術に関する技術開発 : 生物多様性関連技術開発等推進費平成22年度進捗状況報告書 小倉剛, 山田文雄, 池田透, 羽山伸一 著 ; 小倉剛 編 小倉剛
2011.3
日本の外来哺乳類 : 管理戦略と生態系保全 山田文雄, 池田透, 小倉剛 編 東京大学出版会
2011.12
侵略的外来中型哺乳類の効果的・効率的な防除技術に関する技術開発 : 環境省生物多様性関連技術開発等推進費平成二十一年度進捗状況報告書 小倉剛, 山田文雄, 池田透, 羽山伸一 著 ; 小倉剛 編 小倉剛
2010.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想