吉田 健一   (1912-1977)

吉田 健一(よしだ けんいち、1912年(明治45年)4月1日 - 1977年(昭和52年)8月3日)は、英文学の翻訳家、評論家、小説家である。 父は吉田茂、母・雪子は牧野伸顕(内大臣)の娘で、大久保利通の曾孫にあたる。 ケンブリッジ大学中退。 誕生日については、戸籍上は4月1日だが、吉田家では3月27日に祝っていた。 英文学、フランス文学を中心としたヨーロッパ文学への素養をもとに、評論や小説を著した。 また、イギリスの文学の翻訳も多数おこなっている。 父と親交の深かった長谷川如是閑の肝いりで、中央大学文学部教授(英文学)を一時期務めた。 [来歴・人物] 1912年(明治45年)、東京千駄ヶ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシダ ケンイチ
人物別名 吉田健一
生年 1912年
没年 1977年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
赤い死の舞踏会 : 付・覚書(マルジナリア) エドガー・アラン・ポー著 ; 吉田健一訳 中央公論新社
2021.4
吉田健一随筆集 吉田健一著 ; 中村光夫編 平凡社
2021.8
ハムレット!ハムレット!! 谷川俊太郎著 ; 太宰治著 ; 芥川比呂志著 ; 志賀直哉著 ; 小林秀雄著 ; ランボオ著 ; 大岡昇平著 ; ラフォルグ著 ; 福田恆存著 ; 小栗虫太郎著 ; 久生十蘭著 ; 小林秀雄訳 ; 中原中也訳 ; 吉田健一訳 ; 山本容子[作] 小学館
2021.11
ハムレット!ハムレット!! 谷川俊太郎 [ほか] 著 ; 小林秀雄, 中原中也, 吉田健一訳 小学館
2021.11
日本の文学 ドナルド・キーン著 ; 吉田健一訳 中央公論新社
2020.2
愛の渇き 三島由紀夫著 新潮社
2020.11
昔話 吉田健一 [著] 講談社
2017.2
酒談義 吉田健一 著 中央公論新社
2017.4
舌鼓ところどころ/私の食物誌 吉田健一 著 中央公論新社
2017.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想