吉田 耕作   (1909-1990)

吉田 耕作(よしだ こうさく、1909年2月7日 - 1990年6月20日)は日本の数学者。 専門は関数解析学および確率論。 これらの分野において数々の重要な業績があるが、特に、半群理論において「ヒレ・吉田の定理」(1948年)は国際的によく知られる。 日本国内では、関数解析学の草分けであり、後進の育成に尽くし、多数の著作がある。 また、(社)日本数学会理事長を計7期務めた(1957年度、1959年度、1962年度、1964年度、1965年度、1967年度、1972年度)。 これは、彌永昌吉に次いで2番目の多さである。 [略歴] 1909年 広島県生まれ。 1931年 東京帝国大学理学部卒業...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシダ コウサク
人物別名 吉田耕作
生年 1909年
没年 1990年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
私の微分積分法 吉田耕作 著 筑摩書房
2016.4
微分方程式の解法 吉田耕作著 岩波書店
2015.6
近代解析 吉田耕作 著 共立
2014.7
超函数論 吉田耕作 著 共立
2009.10
大学演習応用数学 吉田耕作, 加藤敏夫共著 裳華房
2002.8
ヒルベルト空間論 吉田耕作 著 共立
2002.6
現代解析入門 藤田宏, 吉田耕作 著 岩波書店
1991.3
偏微分方程式論 イ・ゲ・ペトロフスキー 著 ; 渡辺毅 訳 東京図書
1990.11
高等学校確率・統計 吉田耕作, 栗田稔, 戸田宏編 啓林館
1989.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想