与謝野 晶子   (1878-1942)

大阪生まれ。歌人、詩人。堺女学校卒業。明治32年(1899)関西青年文学会に参加、33年(1900)与謝野鉄幹の東京新詩社に参加し、『明星』誌上に短歌を掲載。鉄幹と恋愛関係となり上京、34年(1901)8月『みだれ髪』を発表、反響を呼んだ。同年鉄幹と結婚。その後も日本浪漫主義を代表する歌人として多くの歌集を発表した。日露戦争の際発表した詩「君死にたまふことなかれ」も著名。『源氏物語』の現代語訳、大正10年(1921)文化学院の創立への参加、婦人問題・教育問題への積極的発言など、短歌以外にも幅広い分野において活躍した。

「近代日本人の肖像」より

大阪府堺市生まれ。旧姓は、鳳(ほう)。本名は、志よう。1900年(明治33年)與謝野寛(鉄幹)によって創立された新詩社の社友となり、その新詩社の機関誌「明星」に短歌を発表。翌年、処女歌集「みだれ髪」を刊行。浪漫的な情趣をたたえた「明星調」は当時の青年層から熱狂的に支持された。與謝野寛との結婚後は、「小扇」「舞姫」「夢之華」などの歌集をあいついで刊行し、歌壇に女流歌人の第一人者としての名声を確立した。明治四十年代から大正期にかけての歌集・詩歌集に、「常夏」「佐保姫」「春泥集」「青海波」「夏より秋へ」「朱葉集」「火の鳥」「太陽と薔薇」などがある。昭和に入ってからも作歌活動は続き、「心の遠景」「白桜集」(遺稿)などの歌集が刊行されている。また、上記の短歌、「君死にたまうことなかれ」をはじめとする詩や小説、童話のみならず、源氏物語などの古典研究、婦人問題に関する評論活動、文化学院をよりどころとした女子教育など、多方面にわたって活躍する。Wikipedia「与謝野晶子

「青空文庫」より

与謝野 晶子(正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日)は、日本の歌人、作家、思想家。 本名与謝野 志よう(よさの しょう)。 旧姓鳳(ほう)。 ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。 夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。 1921年(大正10年)、夫・鉄幹と共に文化学院創設。 [経歴] 鳳志ようは、堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。 家業は没落しかけており、3人目の女の子であったため両親から疎まれて育つ。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨサノ アキコ
人物別名 与謝野晶子

与謝野, 志よう

与謝野, しよう

鳳, 晶子

與謝野, 晶子

よさの, あきこ

Ёсано, Акико
生年 1878年
没年 1942年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
女声合唱とピアノのための超訳恋愛詩集II 与謝野晶子, 小野小町原文 ; 菅原敏作詩 ; 信長貴富作曲 カワイ
2022.1
与謝野晶子「選者の歌」の表現世界 与謝野晶子 [著] ; 与謝野晶子倶楽部編 与謝野晶子倶楽部
2022.3
文豪たちのスペイン風邪 紅野謙介, 金貴粉解説 皓星社
2021.2
鉄幹晶子全集 与謝野寛, 与謝野晶子著 ; [逸見久美編集代表] 勉誠
2021.5
文豪と感染症 : 100年前のスペイン風邪はどう書かれたのか 永江朗編 ; 芥川龍之介 [ほか著] 朝日新聞
2021.8
鉄幹晶子全集 与謝野寛, 与謝野晶子著 ; 逸見久美編集代表 勉誠
2019.3
鉄幹晶子全集 与謝野寛, 与謝野晶子著 ; 逸見久美編集代表 勉誠
2019.4
鉄幹晶子全集 与謝野寛, 与謝野晶子著 ; 逸見久美編集代表 勉誠
2019.9
鉄幹晶子全集 与謝野寛, 与謝野晶子著 ; 逸見久美編集代表 勉誠
2019.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想