横山 大観   (1868-1958)

茨城生まれ。画家。明治22年(1889)東京美術学校に入学、26年(1893)卒業。29年(1896)同校助教授。31年(1898)学内の対立により、岡倉天心と共に職を辞し、日本美術院の設立に参画。36~38年(1903~1905)にインド、アメリカ、ヨーロッパを歴訪。大正3年(1914)下村観山等と日本美術院を再興し、以降中心的存在として活躍した。昭和6年(1931)帝室技芸員、10年(1935)帝国美術院会員、12年(1937)第1回文化勲章を受章。代表作に「屈原」「生々流転」「海山十題」等がある。

「近代日本人の肖像」より

横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、1868年11月2日(明治元年9月18日) - 1958年(昭和33年)2月26日)は、日本の美術家、日本画家。 常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。 近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。 帝国美術院会員。 第1回文化勲章受章。 死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。 茨城県名誉県民。 東京都台東区名誉区民。 本名、横山秀麿(よこやま ひでまろ)。 [経歴] 1868年(明治元年)、水戸藩士・酒井捨彦の長男として生まれる。 府立一中、および私立の東京英語学校の学齢時代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコヤマ タイカン
人物別名 横山大観

横山, 秀麿
生年 1868年
没年 1958年
職業・経歴等 芸術家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
小倉遊亀と院展の画家たち展 : 滋賀県立近代美術館所蔵作品による 静岡市美術館 [ほか] 編集 ; まい子・ベア翻訳 NHKプロモーション
2019.4
横山大観 : 茨城国体開催記念企画展示 茨城県近代美術館編 茨城県近代美術館
c2019
伊豆をめぐる名画 : 横山大観、安田靫彦を中心に : 伊豆市共同企画展 上原美術館編 上原美術館
2019.10
もっと知りたい横山大観の世界 : 生誕150年記念出版! 大熊敏之監修 宝島社
2018.5
ゆかいな若冲・めでたい大観 伊藤若冲, 横山大観 [画] ; 山下裕二 監修 ; 山種美術館学芸部 執筆・編集 山種美術館
2016.1
横山大観コレクション : 足立美術館の名品 北海道立近代美術館企画・編集 北海道新聞社
2016
杉山明博造形の世界 杉山明博, 坪井則子 編 佐野美術館
2016.8
旅への憧れ、愛しの風景 : マルケ、魁夷、広重の見た世界 ホテルオークラ東京, 神津瑛子, 塚原実甘編 企業文化交流委員会事務局 (ホテルオークラ東京営業企画部)
[2016]
横山大観展 : 富山を愛した巨匠 : 北陸新幹線開業記念 富山県水墨美術館編 富山県水墨美術館
c2015
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想