横山 貞子   (1931-)

横山 貞子(よこやま さだこ、1931年 - )は日本の英文学者。 [来歴・親族] 群馬県出身。 慶應義塾大学大学院英文科修了。 1960年に鶴見俊輔と結婚。 京都精華大学人文学部教授を務めた。 義祖父は政治家の後藤新平。 義父は同じく政治家の鶴見祐輔。 義姉は社会学者の鶴見和子。 義弟は法学者の内山尚三。 息子は歴史学者の鶴見太郎。 甥は宇宙物理学者の横山順一(東京大学教授)。 [著書] 『日用品としての芸術 使う人の立場から』 晶文社、1979年1月、ISBN 9784794958723 『老い、時のかさなり』 晶文社、1989年6月、ISBN 9784794958136 [著書] ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコヤマ サダコ
人物別名 横山貞子
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
冬の物語 イサク・ディネセン 著 ; 横山貞子 訳 新潮社
2015.12
ピサへの道 : 七つのゴシック物語 1 イサク・ディネセン 著 ; 横山貞子 訳 白水社
2013.10
夢みる人びと : 七つのゴシック物語 2 イサク・ディネセン 著 ; 横山貞子 訳 白水社
2013.11
フラナリー・オコナー全短篇 フラナリー・オコナー 著 ; 横山貞子 訳 筑摩書房
2009.3
フラナリー・オコナー全短篇 フラナリー・オコナー 著 ; 横山貞子 訳 筑摩書房
2009.4
世界文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2008.6
存在することの習慣 : フラナリー・オコナー書簡集 フラナリー・オコナー 著 ; サリー・フィッツジェラルド 編 ; 横山貞子 編訳 筑摩書房
2007.3
フラナリー・オコナー全短篇 フラナリー・オコナー 著 ; 横山貞子 訳 筑摩書房
2003.5
フラナリー・オコナー全短篇 フラナリー・オコナー 著 ; 横山貞子 訳 筑摩書房
2003.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想