保高 徳蔵   (1889-1971)

保高徳蔵(やすたか とくぞう、1889年12月7日 - 1971年6月28日)は、日本の小説家。 大阪市生まれ、早稲田大学英文科卒業。 読売新聞記者、博文館編集者などをへて、1921年「棄てられたお豊」を発表し、正宗白鳥に認められる。 1933年、同人誌『文藝首都』を創刊し、ここから金史良・中上健次・林京子など数多くの作家を輩出した。 妻の保高みさ子も作家。 [著書] 孤独結婚(滋雨書洞、1936年) 勝者敗者(改造社、1939年) 或る死或る生(起山房、1942年) 若人のための小説の作り方(学灯社、1956年 (若人新書)) 道(東方社、1958年) 作家と文壇(講談社、19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤスタカ トクゾウ
人物別名 保高徳蔵
生年 1889年
没年 1971年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
保高徳蔵選集 保高徳蔵 [著] 新潮社
1972
作家と文壇 保高徳蔵 著 講談社
1962
保高徳蔵 著 東方社
1958
若人のための小説の作り方 保高徳蔵 著 学燈社
1956
山本有三集 山本有三著 ; 保高徳蔵編 河出書房
1953
或る死或る生 保高徳蔵 著 起山房
昭和17
勝者敗者 保高徳蔵 著 改造社
昭14
孤独結婚 : 小説集 [他七篇] 保高徳蔵 著 滋雨書洞
昭11
黄金の河 : 童話 保高徳藏 訳 ; [伊藤彌太] [絵] 精華書院
1921.10.15(2版:1921.10.20)
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
黄金の河 ラスキン, 保高 徳蔵
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想